管理運営

LINEで送る

店舗販売業の管理及び運営に関する事項

トップページへ
くすりのファインオンラインショップへ

実店舗の写真

2014-07-01 12.40.19 2014-07-01 13.46.25

許可区分:店舗販売業
開設許可証記載事項
開設者氏名:有限会社ファインファーマシー
名称:くすりのファイン

所在地:青森県八戸市下長4丁目1-1 ユニバース下長店内
許可番号:許可 第 030019 号
有効期間:平成30年6月5日から平成36年(2024年)6月4日まで

所管自治体名:青森県 八戸保健所
管理者氏名:渡部 穣(医薬品登録販売者)

取り扱う一般用医薬品の区分:指定2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品

勤務する者の名札等による区別に関する説明:薬剤師、医薬品登録販売者の名札、一般従事者・その他(各職種、資格による)
相談及び緊急時の連絡先0178-28-5795(9:00〜20:00)
メールアドレス info@phfine.com
お問い合わせフォーム」からもお問い合わせ頂けます。

実店舗の営業時間 9:00〜20:00
インターネット販売時間(資格者が常駐している時間) 9:00〜20:00
ショップページへ
くすりのファインオンラインショップ

一般用医薬品販売制度に関する事項
【1】医薬品は要指導医薬品と一般用医薬品(リスクに応じた3つの区分)に分類されています。

要指導医薬品
医療用から一般用医薬品に移行して間もなく、一般用としてリスクが確定していない薬。医療用としての使用経験がない一般用医薬品。(ダイレクトOTC)毒薬・劇薬

第1類医薬品
主にお医者さんで処方されていた薬と同じ成分を含含み、副作用が心配されることもあり、特にリスクの高い一般用医薬品

指定第2類医薬品
第2類医薬品のうち、使用に注意を有するリスクの高い一般用医薬品

第2類医薬品
まれに健康を損なうおそれのある成分を含む、リスクの高い一般用医薬品

第3類医薬品
第1類、第2類(指定を含む)を除いた比較的リスクの低い一般用医薬品

【2】要指導医薬品・リスク分類はパッケージに表示されています
個々の医薬品については、下記のとおり表示されています。
医薬品のリスク区分ごとに、「要指導医薬品」「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。第2類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品を(指定第2類医薬品といいます)については、2の文字を〇(丸枠)又は□(四角枠)で囲みます。医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載します。また、直接の容器又は直接の被包の記載が外から見えない場合は、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載します。

【3】医薬品に関する情報提供について
医薬品をお求めの際は、専門家にご相談ください。

要指導医薬品
適正な使用の仕方を薬剤師が必ず書面又は電磁的記録を用いて説明します。

第1類医薬品
適正な使用の仕方を薬剤師が必ず書面又は電磁的記録を用いて説明します

指定第2類医薬品
適正な使用の仕方を薬剤師または登録販売者が説明します

第2類医薬品
適正な使用の仕方を薬剤師または登録販売者が説明します

第3類医薬品
ご希望により薬剤師または登録販売者が説明します。

※医薬品・健康食品のお問い合わせに関するご注意

当店で医薬品または健康食品をご購入後にご相談がありましたら、遠慮なく当店までお越しいただくかお電話下さい。資格者が責任を持って対応します。ご購入後のご相談の際、当店でお買い上げ頂いた日時を確認する場合がございます。レシートは捨てずに保存をお願い致します。

ファインファーマシー・くすりのファインでの医薬品または健康食品のご購入に関するご相談以外のお問い合わせはお受けできません。
万が一、ご相談内容が医薬品や健康食品のご購入に関するものでない場合、他店購入品のご相談の場合には、お問い合わせへのご対応を終了させていただきます。

なお、お問い合わせ内容等の正確な把握、今後のサービス向上のために、お問い合わせ内容を記録(録音・録画等を含む)
させていただく場合がございます。あらかじめご了承のうえお問い合わせください。

医薬品または健康食品のお問い合わせに対するファインファーマシー・くすりのファインの資格者からの回答は、アドバイスまたは情報提供行為であり、診療行為もしくはこれに準ずるものではありません。

医薬品のご購入、ご使用にあたっては、お客様ご自身で医薬品のご使用上のご注意をよくご確認いただきますようお願いいたします。

【4】医薬品の陳列について
◇要指導医薬品はカウンター内(要指導医薬品陳列区画の内部)もしくは施錠している陳列設備に陳列しています。
又、一般用医薬品を混在させないように陳列しています。
※要指導医薬品の取扱有無については調剤薬局ファインファーマシーの薬剤師にご確認ください。
◇第1類医薬品は、カウンター内に陳列しています。
他の医薬品売り場には第1類医薬品は置いておりませんが、取扱っている商品がわかるようになっています。
◇第2類医薬品、第3類医薬品はリスク区分毎に混在しないように陳列しています。
指定第2類医薬品は薬剤師、または登録販売者が情報提供できるよう、薬剤師または登録販売者が常駐している場所の7m以内に陳列しています。

【5】指定第2類購入について
指定第2類医薬品の禁忌(用法、用量、併用を避けるべき医薬品など)の確認や使用上の注意については薬剤師・登録販売者に相談してください。
【6】医薬品による健康被害の救済に関する制度について
◇医薬品副作用被害救済制度とは
医薬品を適正に使用したにもかかわらず、その副作用により入院治療が必要になるほどの重篤な健康
被害が生じた場合に、医療費や年金などの給付を行う公的な制度が、医薬品副作用被害救済制度です。
医薬品副作用被害救済制度についてのお問合せ先
独立行政法人医薬品医療機器総合機構 0120-149-931(フリーダイヤル)
【7】個人情報について
販売記録の作成にあたり「個人情報保護法」および「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な
取扱いのためのガイドライン」(厚生労働省策定)を遵守し、個人情報を適切かつ万全の体制で取り扱います。
【8】苦情相談窓口について
◇医薬品の購入や販売等に関して不都合があった場合には、苦情を申し立てることができます。
八戸保健所 保健総務課 医事薬事G TEL 0178-43-2309

平成26年6月12日薬事法の一部改正施行

クリックするとPDFファイルを見ることが出来ます。
一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項

法人登録年月日

昭和62年(1987年)8月8日