日焼け止めの準備はお済みですか?早めのご用意を!

LINEで送る

日焼け止めコーナー

2015日焼け止めコーナー

暖かかったり寒さがぶり返したり、不安定なお天気が続く八戸ですが
これを繰り返して春になっていくのでしょうか…

紫外線はUVAとUVBという波長の違う二種類が肌に影響をおよぼすことで知られています。
6月が一年の中で一番紫外線量が多いのですが、早くも4月位からUVBが多くなってきます。

UVBは火傷のように真っ赤になる日焼けを起こします。
春先にちょっと長く外に居たり、運動会で普段外に出ないお父さん(私がその一人です…)が真っ赤になってヒリヒリして大変な思いをする日焼けを起こすのがUVBです。

日焼け止めに書いてある「SPF」がUVBを防御する指標となります。
SPFに10や50などと数字がついていますが、これは
例えば日焼けして赤くなるまでに20分かかる人がSPF10の日焼け止めを使ったとすると同じ紫外線を10倍浴びてようやく20分後に赤くなると言うことを意味しています。
PSF50なら50倍の紫外線…?
八戸では夏でもなかなかなさそうです…
SPFの高いものでなくても十分な効果はあります。
その代わり、汗をかく季節は塗り直しした方が良いですよ。

SPFの高いものは反射材や吸収剤等を沢山使用していますので、肌の弱い方は荒れたりかぶれたりすることも有ります。
また、日焼け止めの中には洗い落としにくいものも有りますので、落としきれなかった日焼け止めが肌に悪影響を及ぼす事もあります。

直射日光でなくても空気中で紫外線は散乱して肌に影響を与えます。
かんたんに落とせてお肌の弱い方でも使える日焼け止め有ります。
真っ赤になる前に…ぜひ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください