夏の疲れとは?

LINEで送る

夏の疲れとは何でしょうか?

高温多湿な日本特有の夏では、発汗による体温調整が難しくなるため、自律神経システムの不調を招き、疲れや倦怠感などを感じるようになります。

また、クーラーの効いた屋内と暑い屋外を出入りすると、体温調整システムはますます不調になります。このような自律神経システムの不調は、胃腸の働きを弱め、食欲も減退させます。さらに熱帯夜で十分な睡眠がとれなくなると、疲れはますますたまっていきます。

また、暑さの厳しい夏の時期には、過度の脱水症状により、体温の調整機構が破綻する熱中症にも充分な対策が必要です。

夏バテ自律神経
夏の疲れのメカニズムにはどのようなものがあるのでしょうか?

①汗とともにビタミン・ミネラルが失われやすくなることによって、ビタミン・ミネラルが不足がちになる。

②水分の摂り過ぎで胃酸が薄まる等により、食欲減退となる。

③冷たいものを摂り過ぎることにより、胃腸の温度低下をもたらす結果、消化・吸収効率の低下を引き起こし、膨満感を覚え、食欲減退となる。

④冷房が効き過ぎた屋内と、暑い屋外との温度差を頻繁に出入りすることで、体温を調整する自律神経のバランスが乱れやすくなる。その結果、カラダがだるく、体力が低下する典型的な夏の疲れを感じるようになります。

夏バテメカニズム

夏の冷えは疲れのサイン?

人は寒さを感じると、エネルギーを作って体温を上げることでカラダを防御します。この体温調整は自律神経という神経が無意識のうちに働いて行っています。夏の「冷え」はこの調節がうまくいかなくなった時に起こり、疲れ・倦怠感などをもたらします。

夏バテ症状

自律神経システムについて

私たちの脳には、身体の状況に合わせて器官や臓器等の働きをコントロールする命令が常に発せられています。この命令を伝達する神経 を自律神経と言います。自律神経には、交感神経と副交感神経と呼ばれる、車でいうところの「アクセル」と「ブレーキ」の二つの神経があります。
この二つの神経がお互いにバランスを保ちながら、私たちの身体をコントロールしています。
つまり、交感神経と副交感神経がバランスをとることで、生命維持に欠かせない呼吸、血圧、消化など各臓器の働きを調整しているのです。バランスが崩れると様々な不具合が生じてしまうと考えられます。

夏バテ天秤

交感神経副交感神経作用

日常生活でできる予防法

●栄養価の高い食品を食べる
食欲が減退しがちな夏は、量より質に重点を置いた食事をとりましょう。とくに疲労回復に効果的な玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、山芋などの良質なたんぱく質、高エネルギー、高ビタミンの食材をしっかり取り入れましょう。
●室内での過ごし方を工夫する
室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなります。エアコンは温度をこまめに調節しましょう。 自分でエアコンの温度調節ができないところでは、エアコンの風が直接当たらないように風向きなどを調節し、上着を羽織ったり、長いパンツをはくなど工夫をして体温の調節をしましょう。
●ぐっすり眠ってその日の疲れを取る
疲れを溜めないことが夏バテの一番の予防法です。なるべく早めの就 寝時間を守ってぐっすりと眠り、その日の疲れをその日のうちに取り除きましょう。寝る30分~1時間前にぬるめのお風呂につかり、暑くて寝苦しいときは頭 部を氷枕で冷やすと、早めに寝付くことができるうえ、より一層深い眠りが得られます。
夏の疲れが溜まったままでいると、涼しくなってから「夏バテ」の症状が出てきます。
今からでも遅く有りません。「夏バテ」しない体づくり、しませんか?当店でご相談下さい。

夏バテ食品夏バテ睡眠

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください