のどがイガイガ…そんな時には銀翹散

LINEで送る

風邪の漢方といえば葛根湯が有名です。

風邪初期の寒気や鼻水、肩こりや意外な所で乳腺炎を起こした方にも使える、とっても便利なお薬です。

今の時期、のどの痛みやイガイガなどの不快感で来店される方が多いのですが、そんな時には銀翹散(ぎんぎょうさん)がおすすめです。

gingyousan

のどが痛い時に痛み止めのお薬を使う事も有ると思いますが、基本的に解熱鎮痛薬は身体を冷やしてしまうので風邪の状態によってはかえって辛くなってしまう方も…

銀翹散はかぜによるのどの痛みや口やのどの渇き、せき、頭痛にも効果があります。つぶやきかんりにんはのどが弱いらしく(普段の行いに問題が有るかもしれません…)、風邪の時はのどから来る事が多いのですが、なんかのどがヒリヒリしている時、咳が出そうな感じの時はイチオシです。

飲み方も普通に水で飲むのではなく、ぬるま湯で、うがいをするように喉に当てながら飲むと良く効きます。

漢方薬の飲み方って、あまり知られていないのですが、基本はお湯かぬるま湯で飲みます。冷たい水で飲むのはおすすめしません。名前に~湯と付く漢方なら湯のみやカップにあけて、熱いお湯を注いで(※やけど注意)飲むのが一番効果的です。

漢方は長く飲まないと効かないというイメージが有るようですが、飲む方に合っていれば、うそのように飲んだ瞬間ピタっと効く薬もあります。また、漢方は副作用が無いというイメージも有るようですが、飲む方に合っていない、または飲み方が間違っている時には「誤治」といって効かないばかりか症状を悪化させる事があります。

店頭で、お客様の症状に合ったお薬や健康食品、ご案内致します。お気軽にご相談下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください