柿は痰の毒、冷えにご注意!風邪の時に果物はダメよ?!

LINEで送る

気温差が大きくなってきて、咳、痰でお困りの方、喉の痛みでご相談においでになる方が増えています。

その昔…
関ヶ原の合戦で敗れた、石田三成が処刑の直前に水を所望した所、柿を与えられました。
しかし、柿を貰って喜ぶどころか、三成は
「柿は痰の毒だから」
「大志を持つものは、最期の時まで命を惜しむものだ。」
と言って断り、泰然としていたそうです。

実は古来より、柿は「身体を冷やす」事が知られています。
食べるとオシッコが近くなりますがこれも冷えが原因です。柑橘系の果物や瓜の仲間も冷えますので季節や体調によっては注意です。

咳や痰、鼻水は身体の中が冷えてしまっている時に起こります。風邪だからビタミンCを…と言って果物を召し上がる方もいますが、かえって身体を冷やしてしまい、悪化させることもあります。
(ビタミンCは皮膚や粘膜を丈夫にするのに良いので果物で摂る場合は元気な時にどうぞ)

風邪症状が出ている時は身体を暖かくして、休むのが基本です。風邪は疲れの現れなのです。
早く風邪を治したい方、辛い症状を取りたい方、ぜひ店頭でご相談下さい。
お薬、養生法、体調に合わせてご案内致します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください