気温の変化で頭痛?冠心逐瘀丹(かんしんちくおたん)

LINEで送る

この所、八戸では日中でもなかなか気温が上がりませんね。

寒い場所から室内へ、または逆に温かい場所から外出する時に頭痛を起こす方がいらっしゃいます。

血管の拡張・収縮で起こる場合があるのですが、店頭においでになる方にお伺いすると、もともと血液の流れが悪い方が多いようです。

そんな方に冠心逐瘀丹(かんしんちくおたん)

冠心逐瘀丹(かんしんちくおたん)は頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸 などの症状が有る方におすすめです。(※15歳未満は服用しないこと)

頭痛というと解熱鎮痛薬を思い浮かべる方も多いと思います。解熱鎮痛薬は痛みを抑える作用と共に胃の粘膜を損なう作用も持っていますので、胃腸の弱い方にはおすすめできない場合が有ります。また、体温を下げる事での不調が起こる事もありますので常用する場合は注意が必要な薬です。

冠心逐瘀丹は血流を改善してスムーズに行き渡らせる事で、頭痛の元になる血管の拡張や収縮、凝りを改善してくれるお薬です。

よく頭痛で痛み止めを使う方、ぜひ一度お試し下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください